戸嶋歯科医院

長崎県東彼杵郡の歯科 小児歯科 矯正歯科 戸嶋歯科医院

Fine Doctor
QRコード
HOME»  インプラント

インプラント・ミニインプラント・CT

インプラント

 

ミニインプラント

 

CT

 

インプラントとは

インプラントとは

 

インプラント(implant)とは、植えつけるという意味です。
歯科領域でのインプラント治療といえば、一般的には人工歯根治療の事をいいます。
歯が抜けたとき、代わりに自分の歯に近い人口の歯を「植立」することで、より自然に近い、美しい「自分の歯」を取り戻して、食事も美味しく頂くことができます。
少し前まで主流だった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」はどうしても噛む力が劣ってしまいました。
しかし、インプラントは違います。
高齢化社会を迎える現代、またより歯の美しさが追求される今、まさに主役ともいえる治療法として多くの患者さんの注目を集めています。

 

症例

症例

 

インプラント手順

++++++++++++++
STEP 1
++++++++++++++

 

インプラントを顎(あご)の骨に植えるために、歯ぐきを開き、インプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。

 

++++++++++++++
STEP 2
++++++++++++++

 

骨の穴にインプラントをねじ込み、しっかり固定します。
そして、歯ぐきを閉じます。

 

++++++++++++++
STEP 3
++++++++++++++

 

インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。
数カ月で、骨とチタンがしっかりと結合します。

 

++++++++++++++
STEP 4
++++++++++++++

 

インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。
これで、歯ぐきの形を整えます。

 

++++++++++++++
STEP 5
++++++++++++++

 

お口の中の型を取り、あなたに合った仮の歯で噛み合わせを調整し、歯ぐきの治癒を待ちます。

 

++++++++++++++
STEP 6
++++++++++++++

 

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

 

ミニインプラントとは

快適で健康的な生活のために負担の少ないインプラント治療からはじめてみませんか?
インプラントで入れ歯を固定する方法です。
 

ミニインプラント


ミニインプラント
  ◇インプラント治療は手術が大変で治療費が高額だと思っていませんか?
ミニインプラントは、骨の量が少ない部位でも植立が可能な細いインプラントです。
このインプラントを血管や神経の少ない安全な領域に2~4本植立して入れ歯を固定します。
使用するインプラントの本数が少ないので、手術も小規模で済み治療費も抑えることができます。
 
◇ミニインプラントと入れ歯の構造
いくら精密な入れ歯でも、原理としてはやわらかい歯ぐきの上に馬の鞍のように乗っているだけです。この状態が続くと顎の骨が徐々に吸収して、入れ歯が不安定になってきます。
 ミニインプラントを応用した入れ歯の固定は、入れ歯を安定させるとともに歯ぐきへの負担を軽減し、顎の骨の吸収なども抑えます。
 食事が楽しくなり、快適で健康的な生活がおくれます。
 
◇ミニインプラント治療の流れ
ステップ①:診査・診断
全身の状態やインプラント植立部位の骨形態・血管や神経の有無などを診査して、インプラント治療に適しているか否かを診断します。問題がなければ治療計画・治療方針をご説明いたします。
 
ステップ②:インプラント植立手術
治療計画に基づきインプラントを植立します。
 
ステップ③:インプラントの治癒期間
植立したインプラントが周囲骨としっかり結合して安定するまでの期間です。
治癒期間中は既存の入れ歯を調整した上で使用していただきます
 
ステップ④:インプラント用義歯の装着
植立したインプラントが周囲骨としっかり結合して安定したら、インプラント固定用の義歯を製作して装着します。
 
メンテナンス:お口の状態に変化や問題がないかをチェックするための定期検診に移行します。

 

インプラントのメリット・デメリット

歯を失った後の治療方法
(取り外し式の)入れ歯
(残った隣の歯を橋げたに使い)ブリッジ
インプラント(人工歯根)
※各治療方法によりメリット・デメリットもあり、決めるのはあなた自身です。

 

入れ歯

保険適用:あり
メリット
短期間(数年)使用でみた場合咀嚼機能をある程度回復可能(天然歯の1/3)
短期間で咀嚼機能回復が可能
健康な歯で支えるなどの必要がない
デメリット:
入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
変化する口内環境に合わせるため数年毎作り変えか、調整が必要
適切な噛みあわせであっても長期間同じ噛みあわせは維持できない
装着時の違和感を感じやすい。
自然な歯の外観を維持しにくい

 

ブリッジ

保険適用:あり
メリット
自然の歯と同じような外観を回復することができる。
自分の歯と同じように咀嚼することができる。
噛み合わせを回復することができる。
歯列の安定したつながりを回復することができる。
デメリット
対象となる位置の両側にしっかりとした歯が無いと適合できない
失った歯の数が多いと処置不可
土台となる歯を削除する必要がある
土台となる歯に噛む力が余計にかかる上、清掃性が悪くなるため、その歯を喪失する危険度が増加
景観の回復上セラミックが優れるが保険の適応を受けることができない
インプラントより長持ちしない(平均7~8年)
ブリッジを支える歯に治療中もし問題が発見されると、やりなおしが必要

 

インプラント

保険適用:なし
メリット
安定した噛み合わせを長期間保つことが可能
失った歯の数が多くてもかみ合せの力(咀嚼能力)回復が可能
自分の歯に近い外観が可能
自然の歯に近い機能が期待できる
歯を失った箇所は顎の骨の成分が自然に減るが咀嚼の刺激が衰退を防止
適切なケアにおり長持ちする
抜け落ちてもやり直しが容易
デメリット
治療時間が比較的長期(最近は種類と適応症により最短6週間)
手術になるので少数だが適応とならないケースもある
比較的費用がかかる
ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが必要
(通常、最低半年に1回メンテナンスのためチェックを専門家が行います)

人それぞれに向き不向きがありますので、お気軽にご相談ください。

 

CTとは

CTとは

 

一般によく聞くCTとは、Computed Tomographyの略です。

 

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。
主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられますが、耳鼻科領域(蓄膿症など)にも応用されることがあります。三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。
医科の分野においては、様々な場面で聞く診断法ですが、開発されたのは1970年代初頭です。近頃では、目覚しい進歩を遂げて今ではマルチスライスCTが活躍しています。
医科に比べて、歯科の分野の場合はミクロンレベルでの情報を必要としますから、 医科の分野では大活躍のCTも、歯科の分野においては満足のいくレベルの高い空間分解機能は得られませんでした。
歯科用CTとは、コーンビーム式のスキャンを行う事で、短時間のX線照射による、歪みの少ない繊細な画像を断面で観察することができます。